こだわり
会社概要
経営理念
社長ご挨拶
通販法
個人情報保護方針
農商工連携
・農商工連携とは
・認定情報
・商品紹介
 
神戸の菓子工房は、大正15年、昭栄堂製菓(株)創業者の吉澤栄吉が神戸市兵庫区に、焼き菓子の工房を始めたのが始まりです。創業当初の屋号は「松榮堂」として始めたようですが、工房を始めると間もなく元号が大正から昭和に変わったのをきっかけに屋号を「昭榮堂製菓所」と 変更いたしました。

神戸の菓子工房では大正15年創業以来、現在に至るまで、初代当主のレシピのイメージを守った素朴な味わいの焼き菓子をつくり続けています。昭和初期、ハイカラと呼ばれていたそんな当時の神戸のイメージを現在に再現した、少し懐かしい味わいのお菓子の集まりです。

原材料には特にこだわりを持ち、より自然な素材、安全性の高い素材のみを厳選したお菓子づくりを続けています。小麦粉は、国内産(北海道産主体)のものを使い、油脂等も出来る限り添加物を使用していない物を、鶏卵、砂糖、塩等の原材料も より自然に近い安全性の確かなものを使用しています。